後悔しないための新古車の購入方法

車を買うときに、新車を買うか、中古車を買うかという選択肢だけではありません。
それは「新古車」という選択肢です。これは未使用車のことで、新車と同じぐらいの車がかなり安く購入できるため、新古車を狙っている人も少なくありません。

 

どのような車が新古車に該当するのかというと、ディーラーが展示用・試乗用に購入した車で、新車登録されていても走行距離がほとんどない車のことです。
中にはディーラーが販売台数を増やすためだけに購入した車も含まれていることがあるようです。

 

新古車はほとんど新車と変わらないのに安く購入できるのが魅力ですが、購入する前にデメリットがあるのも知っておいた方がいいでしょう。

 

■新古車を購入するときの注意点

 

まず新古車というのは完全に新車と同じではないことを理解しておいてください。
例えばメーカー内やディーラー内での走行や、メーカーからディーラへ運ぶためにある程度は走行していることが一般的です。
走行距離は数キロから数十キロ程度であることが多いようですが、中には数百キロ走っているのに新古車ということもあるので注意してください。
もちろんそれだけ走っていれば、車体にキズがついているということがありえますし、やはり新品とは必ずしも同じとはいえないでしょう。
当たり前の話になりますが、新古車というのは色やグレードを自由に選ぶことができません。その代わりに新車を購入するのと比べればすぐに手に入るのはメリットですね。
オプションに関しては、ディーラーのオプションはつけられますが、メーカーのオプションを新たに追加することはできません。
また新古車は最新の機種ではなく、少し古いモデルの可能性が高いです。必ずしも最新モデルの新古車があるとは限らないのは仕方ありませんね。
このように新古車にはいくつかのデメリットがあります。

 

■新古車購入するべきかどうか
新古車にもデメリットがあることはわかっていただけたと思いますが、やはり新車に近い車を安く購入できるメリットは大きいです。
絶対に新車じゃないと嫌だ、キズひとつあっても嫌だ、という人以外は新古車という選択肢は十分にありえるのではないでしょうか。
新車ではないということを理解して、特に走行距離やキズや内装の汚れなどは購入前によく確認しておくといいでしょう。
付属品がついていないという場合もありえますし、他にもバッテリーやエンジンルームなども一応確認しておいた方がいいと思います。
新古車であってもメーカーの保証は受けられますが、保証書と保証期間がどうなっているのかの確認もおこたらないようにしてください。
いくつかの点に注意すれば、新古車というのは新車と同じような感覚で安く購入できますので、チェックポイントだけきちんと抑えるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る