新車の安い時期は、決算期(3月、9月)とボーナス期(6月、12月)

新車をより安く買える時期があることをご存知でしょうか?
値引きの程度は、ディーラー、車種、グレードなどによって変わりますが、おおよその目安として1年間に4回、値引率が高くなり、新車を安く買える時期があります。

 

その4回の時期は、決算期の3月と9月とボーナス期の6月と12月です。
なぜこの時期に新車が安くなるのか、決算期とボーナス期に分けて、説明していきますので、新車の購入を考える場合は、この年4回の安く買える時期を待って、購入の準備をすることをお勧めします。

 

■決算期(3月、9月)に新車を買う場合
決算期の3月と9月は、新車が安くなります。その理由は、自動車メーカーやディーラーが1年間の新車販売台数の目標を達成するために、販売数を伸ばそうとするからです。ディーラーついては、インセンティブという自動車メーカーがディーラーに対して支払う販売奨励金が年間販売台数によって決定するため、より多くのインセンティブがもらえるように、値引きをしてでも販売数を伸ばそうとします。

 

より多くのインセンティブがもらえるディーラーは、他店と値引き合戦になっても有利になりますので、無理をしてでも年間販売数を伸ばそうとするのです。

 

決算期をもう少し細かく分類すると、本決算期の3月、9月の中間決算期、6月、12月の四半期決算期になります。
特に安くなるのが、本決算期の3月ですので、2月末から3月の購入を目標にして準備をするのが良いと思います。

 

なお、販売数は、納車した月に確定されますので、契約を結んでも月内に納車されないことが分かるとディーラーも値引をあまりしない場合があります。
ですから、確実に3月納車にするためには、2月からディーラー訪問を開始し、3月上旬には契約を結ぶ必要があります。

 

 

■ボーナス期(6月、12月)に新車を買う場合
ボーナス期も新車が安くなる時期です。決算期の3月、9月まで待てない人は6月、12月に合わせて購入準備をすることをお勧めします。

 

ただ、会社の夏のボーナス期は6月末が多いので、実際安くなる月は7月になりますので注意してください。

 

また、ディーラーなどの販売店の立場からみると、ボーナスが入り、財布の紐が緩んでいる人だと分かると、「この人はあまり値引きしなくても良い」と思うことがあります。

 

値引き交渉の際には、1万円でも2万円でも安くできるように、気を引き締めてディーラーの担当者と商談してください。ディーラーの担当者も人なので、しっかりとした態度で交渉すれば、より大きな値引きを引き出すことができますので、特にボーナス期は社会全体が購買意欲が高まっているので、特に気を引き締めて商談に臨んでください。


このページの先頭へ戻る